無添加素材のメンテナンス講座③ しっくい補修編

無添加住宅は、壁も天井もしっくい塗。
漆喰って、割れたりヒビが入ったりしないの?と心配されている方もいるかと思います。
乾燥してくると、割れてくる部分もあります。部屋の隅っこに隙間ができたり、物が当たって角がかけたり。

でも、無添加住宅のいい所は、壁や床も自分で簡単にお手入れできる、わざわざ業者を呼ばなくてもいいんです。クロス・壁紙の家はなかなか、ご自分でというわけにはいきません。

そこで今回は、ご自身で簡単に出来る「無添加素材のメンテナンス講座③ しっくい補修編」しっくいの補修方法を紹介します。


ご覧のとおり、簡単にできます。
おさらい:
①まず準備するものは、補修用しっくい、漆喰を入れる容器、刷毛(ハケ)、ビニールorゴム手袋。
これは、お引渡しの際に無添加住宅お手入れセットの中に入っています。

②容器にしっくいを適量入れ、水を少しずつ加えて、漆喰を練っていきます。
※動画内では、水を1度に入れていましたが、慣れていない方は少しずつ入れ、様子を見ながら作ってください。

③あとは、気になる箇所にハケや指で丁寧に塗っていきます。

④塗った後は、色が違って見えますが、乾いてしまえば、周りの漆喰となじんで目立たなくなります。


最初は、目立たないところでやってみて、そのあとで目立つところや気になるところに挑戦してみてください。
漆喰_塗り壁_無添加住宅_健康_安全_食べられる

いかがでしたか。
今回は、「無添加素材のメンテナンス講座③ しっくい補修編」をご紹介しました。

一度、挑戦してみると意外と簡単にできて、職人気分を味わえます。
そうは言っても実際に家でやるのは、不安。。という方は、ぜひモデルハウスへお越しください。
事前にご連絡いただければ、簡単なメンテナンス方法をお教えします。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。