「むてん」をおうちでつくろうコンテスト結果発表!

6月10日は、「無添加住宅の日」です。
無添加住宅の日を制定したのは、合成化学物質、化学建材をいっさい使わず、天然素材で建てる健康住宅の無添加住宅の良さを多くの人に知ってもらうのが目的です。日付は6月10日、商品名にもなっている無添加住宅の「無添加」で6、「住宅」で10と読む語呂合わせから。

その記念日にちなんで当社では、オーナー様を対象に「むてん」をおうちでつくろうコンテストを行いました。
※今回は初めての試みだったため、一部のオーナー様にご協力いただき行いました。ご了承ください。

「むてん」をおうちでつくろうコンテストにご参加いただきありがとうございました。楽しんでいただけたでしょうか?
今回は、「「むてん」をおうちでつくろうコンテスト結果発表!」をご紹介します。


「むてん」コンテスト_選考の様子①_飛鳥住宅_無添加住宅
「むてん」コンテスト_選考の様子②_飛鳥住宅_無添加住宅
5月初旬から、続々とかわいい絵や、創意工夫のある工作、食べられるむてんなど様々な作品が届いて、スタッフ一同、驚きと感激、嬉しさでいっぱいでした。
さて、どの作品が最優秀賞に選ばれたでしょうか。上の写真は、選考会の様子です。

結果発表!!

最優秀賞_かいてみようの部_パステルカラーの絵_むてん
小松市在住のKさん(5歳)の作品。

フォルムがかわいい「むてん」。
マシュマロのような、アイスクリームのような、どことなく柔らかさと甘さが感じられる作品です。周りにはたくさんのハートが散りばめられており、「むてん」への愛が感じられます。
見た人を笑顔にする、この表情がなんとも言えません。

最優秀賞_つくってみようの部_クロスステッチ_むてん_力作
金沢市在住のAさん(11歳)の作品。

クロスステッチで描いた「むてん」です。
一枚の絵画のように、見入ってしまう作品です。
色使い、色分けも細かく、忠実に表現されています。リボンと手は、フェルトで立体的に。創意工夫が素晴らしい作品です。

最優秀賞_つくってたべようの部_食べられるむてん_飛鳥住宅_無添加住宅
能美市在住のSさん(10歳)Aさん(8歳)姉妹の作品。

美味しそうな「むてん」。
「むてん」をご飯で模り、海苔やハムで飾り付け。無添加住宅のロゴマークはレンコンで再現。その周りには栄養満点のおかずがずらりと並んでいます。
楽しく作りながら、家族みんなで楽しく美味しく食べられる手の込んだ作品です。

惜しくも、最優秀賞の逃した作品も本当に素晴らしいものばかりでしたので、一部ですが、紹介させていただきます。
優秀菖作品_まとめ_ご応募いただきありがとうございました。



むてん_インスタグラム_#飛鳥住宅_#無添加住宅
「むてん」は、飛鳥住宅のインスタグラムで大活躍!
みんなを癒してくれています。ぜひ、覗いてみてください。
そしてフォローをお願いします。

https://www.instagram.com/asuka_jyutaku/

いかがでしたか。
今回は、「「むてん」をおうちでつくろうコンテスト結果発表!」をご紹介しました。

最優秀賞のみの発表とさせていただきましたが、応募いただいた作品はどれも力作で、オリジナリティあふれる「むてん」が勢ぞろいでした。「むてん」の最高の誕生日プレゼントとなったことと思います。お子さんのやる気、根気、発想、アイディアは無限だと感じました。

今後また、コンテストを開催するかもしれません。その際は、ぜひご参加ください。