知っておきたい、無垢材のこと

最近は「自然素材の家を建てたい」と考えている方が多いですね。

なぜ自然素材の家がいいのでしょうか?
検討している自然素材の家は、本当の自然素材の家でしょうか?そういう雰囲気に見える家が好きなのか、素材の持つ質感や風合いが好きなのか、今一度、考えてみてください。
その違いで、選ぶ材が大きく違ってくるかと思います。

何をもって「自然素材」というのか。
フローリング一つを取ってみても、無垢材と無垢材風のものがあります。(ムク材にウレタン塗装をしているものは、無添加住宅では無垢材風となります。)

その違いをしっかり知っておかないと、住んだ後に「こんなはずじゃなかった」「こうなると思ってなかった」なんてことにならないためにも、無垢材と無垢材風の違いを知っておきましょう。

今回は、住んでからも快適に過ごせるように「知っておきたい、無垢材のこと」を紹介します。

無垢材のこと

まず、フローリング材のことを知りましょう。
一番、触れる部分であり、傷む部分であり、部屋の印象を左右するところでもあります。

フローリング材を選ぶ際、比較検討するのは、「無垢材」と「集成材」です。
家づくりに関心ある人は、聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでいう「集成材」とは、薄くした木板を、接着剤で張り合わせた、反りや縮みのない狂いが少ない加工された木材のこと。

 一方「無垢材」とは、丸太から切り出した木材のこと。(下記写真参照。)
無垢材は天然素材のため、乾燥などにより割れやひびなども入りやすいですが、経年変化を楽しめたり、肌触り足触りが良かったり、集成材にはない風合いや温かみがあります。
子どもの素足にも優しく安心安全な、無塗装無垢のフローリング

木の家、自然素材の家を建てたいのだから、「ムク材」を選ぶに決まっているじゃない!と思われた方。

ここからが重要です。
お客様で「これは無垢ですか?」と聞いて来られる方がおられますが、表面仕上げのことまで聞いて来られる方はいないかもしれません。(今までにいたかもしれませんが、いても稀です。)
ということは、仕上げの違いを知らないわけです。

一般的には、上記にある通り「無垢材」は、丸太から切り出した木材のこと。
その表面加工のことは、特に語られることはありません。ですが、同じムク材にも違いがあることを知ってほしいのです。

無垢材は、床鳴りもしますし、湿気や乾燥などによる反りなどが起こりますが、欠陥ではないありません。

【無塗装およびオイル塗装】

無垢素材にウレタン塗装を施すとお手入れ簡単ですが、素材そのままの無塗装の無垢とは肌触りが全く違います。

【ウレタン塗装】

無垢材でも、塗装されているものとそうでないものがあるのをご存知ですか?
無塗装のものは、空気中の水分を吸収したり排出したりして、呼吸をしています。これによって、板材と板材の間に隙間ができたり、割れてしまったりということが起きます。

一方で、フローリングの表面に仕上げとして塗装することもあります。色を付けることで、お部屋の雰囲気をガラリと変えることができ、オーダーメイドの仕上がりとなります。

そこで注目してほしいのは、フローリングの塗装仕上げには、2種類あるということです。
主な塗料の種類は、オイルとウレタン。
それぞれ性質が異なり、メリット・デメリットがあります。見た目、質感、使用時、使用後のメンテナンスの方法が違います。

油性の塗料で、木に油分を浸透させる仕上げ方法です。無添加住宅ではオイル塗装仕上げとしています。
木を保護し、見た目を美しく保ちます。木の表面に塗膜をつくらないので、木が呼吸するのを妨げることがありません。
木そのものの肌触りや、質感を楽しむことができます。
ただ、モノを落としたり、家具を引きずったりすることにより、キズや凹みが付くことがあります。また、コーヒーや水をこぼすとシミが付く場合はあります。これは、ウレタン塗装よりもお手入れに手がかかるところです。
木そのものですから劣化することなく、経年変化を楽しむことができます。日焼けによる色の変化や、普段の生活で歩いたり、掃除したりすることによる摩耗で自然なツヤが生まれます。

時が経つほどに味わいが増す、経年美が楽しめる無垢のフローリング

ウレタン系の樹脂を主成分とした塗料を塗って仕上げる方法です。
木の表面に塗膜を形成するため、木にはほとんど浸み込みません。ツヤがあるものが主流です。塗膜により表面を保護するため、日焼けや摩耗の影響が少なく、きれいな状態を長期間保つことができます。
ただし、塗膜は数十年単位で劣化するので、メンテナンスとしてワックスがけが必要となります。



同じ無垢材でも、塗装仕上げによって風合いが全然変わりますし、メンテナンス方法も違ってきます。
木の質感や、日焼けなどによる色の変化を楽しみたい方。多少のキズや凹みを気にされない方。木の性質(反りや縮み、割れ)を理解できる方。神経質でない方。必要に応じてお手入れ、メンテナンスができる方。
質感・素材よりも、自然素材、木の家っぽい雰囲気が好きな方。日焼けなどによる、色の変化が気になる方。傷や凹みが気になる方。食べ物、飲み物のシミが気になる方。手間をかけることなくキレイを長続きさせたい方。お手入れ、メンテナンスが面倒な方。


例えば、
「無塗装(オイル塗装)のムク」のつもりで契約したのに、できてみたら「ウレタン塗装仕上げの無垢」だった。
傷つくし、凹むし、水シミで汚くなるし、こんなのになるんだったら「無塗装(オイル塗装)の無垢」にしなければよかった。

なんてことがないように、無垢材の特徴を知っておきたいものです。表面の塗装仕上げは違っても、ムクは無垢ですから、特にこだわられたい方は、しっかり確認が必要です。

素材そのものの無垢の床が気持ちよいリビングの無添加住宅施工事例

いかがでしたか。
今回は、「知っておきたい、無垢材のこと」をご紹介しました。

その違いをしっかり知っておかないと、住んだ後に「こんなはずじゃなかった」「こうなると思ってなかった」なんてことにならないためにも、無垢材と無垢材風の違いを知っておきましょう。
自分が求めているのは、質感や素材そのものなのか、そういった雰囲気なのか、理想と現実をすり合わせて新築マイホーム計画を進めていきましょう。