出来てゆくほどに。

家を建てるのを決めてから、いろいろな住宅会社を見て回った結果、無添加住宅を選んだY様。細部にまでこだわり、間取りや仕上げの打ち合わせは、数知れず。現場にも足を運んでいただいています。

今回は「出来てゆくほどに。」についてお話します。
2021新春内見会予告の手描きイメージの家

まだ工事中のため、なかなか建物を写真でお伝え出来ないのですが、立面図を元に「外観のイメージ」を描いてみました。
内部も外部も、漆喰仕上げの無添加住宅。
床の色や、壁のアクセント、家具屋カーテンなどのインテリアで、様々な雰囲気を楽しめるのが無添加住宅の醍醐味です。
だからこそ、間取りや造作家具は、シンプルに、最小限に仕上げて、あとはお施主様の好みに合わせて、楽しんでいただきたいです。

早速、次回内見会のお宅の内部に使われている、かわいいタイルを紹介します。
帰宅後すぐ手洗いできる玄関横の洗面台のタイル
洗面化粧台のランタン型のコラベルタイル

まずは「コラベル(ランタン型モザイクタイル)」。
タイルの色、組み合わせによって印象がガラリ変わります。ミックス張りでは、エスニック、レトロなイメージにもできますし、単色だと、シンプルに仕上がります。目地の色にもこだわりたくなりますね。
このお宅には、2つある洗面台にそれぞれ別のモザイクタイルを使っていますので、雰囲気の違いを楽しめます。

それから、「ヘキサゴン(六角形のタイル)」。(写真がなくてすみません。)
キッチンの床材に使用しています。モノトーンで、3色を組み合わせて仕上げてあります。
タイルの床は、冷たいのでは?と不安になる方もいるかと思いますが、1Fは床暖房完備のため、タイルの上も裸足で平気です。
カップボード_白いキッチン背面タイル

キッチンのカップボード壁面もタイル張り。
ここはシンプルに白一色。ですが、目地がグレーでおしゃれですし、タイルにコラベルの自模様が見られます。
素敵です。

お施主様が、家具屋さんや雑貨屋さん、インターネットなどで見つけたこだわりの家具・雑貨、ペンダントライトや、電気のスイッチ、タオル掛けや、カーテンフックなど、細部にまでこだわっていますので、仕上がりがとても楽しみです。

無添加しっくい_インフルエンザをやっつける_無添加住宅

いかがでしたか。
今回は、「出来てゆくほどに。」についてお話ししました。

タイルやテクスチャにこだわったり、それに合う雑貨や家具を選んだりと、家づくりの楽しさをお施主様のインスタグラムにアップしてくれています。それを見て、こちらも嬉しくなります。

内見会は2021年1月9日~12日を予定しております。
近くなりましたら、イベントページで詳細をUPします。

寒い時期ではありますが、インフルエンザウイルスにも強い無添加住宅の完成内見会に、ぜひご来場ください。
お待ちしております。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。