スタッフブログ

至福なひととき

2020年12月6日|カテゴリー「企画開発部
お休みの日は、何をされていますか?

予定があって忙しい日もあれば、予定を何も入れずに気ままに過ごす日もありますね。
そんな程よく何もない日に、ふらっと金沢のまちなかに行ってみてはいかがでしょうか。
今回は、休日の一コマにオススメな「至福なひととき」を紹介します。

金沢駅近くの笠市町にある 「AngoloCAFFE(アンゴロカフェ)の外観

先日、ずっと気になっていた金沢駅近くの笠市町にある、「Angolo CAFFE(アンゴロカフェ)」に行ってきました。
町家や、古民家などを再生し、お店やカフェをしているところが増えています。そんな昔ながらのノスタルジックな建物に魅力を感じ、訪れる方も多いのではないでしょうか。

金沢は、古き良き時代の建物や街並みを残す、生かすといった街づくりをしています。
「Angolo CAFFE(アンゴロカフェ)」もその一つ。
築120年の金澤町家を改装し、歴史を感じながらリラックスできる雰囲気があります。

訪れた日は、あいにくの雨でしたが女性客が多く、お店は賑わっていました。
クロワッサンやドーナツ、ティラミスを味わると楽しみにして行ったのですが、14時にはすべて売り切れていました。

「je-prends ca(ジュ プランサ)」で選んだケーキで至福のひとときを味わう

向かいにある「je-prends ca(ジュ プランサ)」でケーキを買って、店内で食べれるとの事だったので、早速買出しに。
「je-prends ca」は、石川県、富山県のいろんなお店のケーキや焼き菓子が並ぶ、言わばお菓子のセレクトショップのため、どれもこれもおいしそう。
ランチの後にもかかわらず、一人で2つも注文。友だちとシェアしながら4種類をすべて味わう贅沢な時。もちろん、すべておいしく完食しました!

時代を感じる窓ガラス

町家で洋菓子を食べる、なんとも風情があります。
長いカウンターに、テーブル席があるのですが、カウンター席をチョイス。木製サッシに、レトロなガラス。鍵も何とも言えない昔のもの。
ここで、本を読んだり、勉強したり、仕事をしたりと長居したくなるような、なんだか落ち着く空間です。スイッチも真鍮で、かわいい。こんなレトロ家に住みたいなーと思ったりも。でも、きっと寒いんだろうなと思いつつ。

昔の家は、120年経っても、ちゃんとメンテナンスをすれば、今も愛される建物としての価値があります。無添加住宅もそうなりたいと昔の家づくりをお手本とし、商品化されました。
木は、年月を経ても、朽ちることなくいい味を増していきます。カウンターテーブルは、無垢板ではなかったのですが、もしそうだったら更に素敵だなと。

サボテンのあるカウンター

いかがでしたか。
今回は、休日の一コマにオススメな「至福なひととき」を紹介しました。

ひと時を過ごす場だけではなく、こういう空間に住まうということも考えていきたいですね。
古くなったら新しいモノに買い替えるのではなく、時を経て、古くなっても味わいを増すモノを選んで、長く付き合えるモノに囲まれた暮らし方も素敵ですね。

※「Angolo CAFFE(アンゴロカフェ)」と同じ建物内にはフラワーショップとイタリアンレストランが併設。そちらも気になりました。今度は、奥にも踏み行ってみたいです。

無添加住宅CM動画ができました

2020年10月20日|カテゴリー「企画開発部
無添加住宅の漆喰の効能を盛り込んだ新CM動画第3弾ができました。

コロナウイルスやインフルエンザウイルスなど、昨今とくにウイルスと聞くと反応してしまったり、手洗いうがいをより気を付けるようになったりと、日常が様変わりしましたね。そんな不安を払拭できる!?CMができました。

今回は、無添加しっくいの「無添加住宅CM動画ができました」を紹介します。


「天然素材でできた無添加住宅独自のしっくい壁。ウイルスが付着しても5分後には検出できないほどの効果を確認。しっくい壁の安心空間。無添加住宅は、ご家族の安心・安全・健康のため、使われる素材にこだわった家です。
無添加しっくいがウイルスを5分間で100%死滅すると確認されました!

無添加住宅オリジナルしっくいがヒト・コロナウイルスを5分間で100%死滅!
この度、ヒト・コロナウイルス※3を「無添加住宅オリジナルしっくい」に付着させる試験を行い、「5分間でウイルスを100%不活化(死滅)する」ということが、バイオメディカルサイエンス研究会の試験結果で明らかになりました。

※1 「ヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)」は、「新型コロナウイルス(COVID-19)」とは異なるウイルスです。
※2 100%死滅は、検出限界以下であることを示しています。
※3 今回の試験に使用したのは、ヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)です。また、今回の試験は、「テストピース」を用いたもので、建物の性能を示すものではありません。


無添加しっくいがウイルスを不活化するメカニズム

【ウイルスと湿気の関係】
空気が乾燥すると人間の喉の粘膜の防御機能が低下し、様々なウイルスにかかりやすくなると言われています。なので、室内空間を適度な湿度に保つことで、ウイルスの侵入を未然に防いでくれるのです。また、湿度が高いと大気中に水滴が多くなるので、その水滴がウイルスの粒子にくっついて、空気中から下に落ち、ウイルスが遠くまで飛ぶことができません。
無添加住宅オリジナルしっくい壁は、空気が乾燥した時でも湿度を放出し、空間を適度な湿度に調節してくれます。結論、室内を適切な湿度に保つことがウイルスの予防にもなるのです。

無添加住宅の内壁・天井はオリジナル漆喰のまっ白な塗り壁です。

いかがでしたか。
今回は、無添加しっくいの「無添加住宅CM動画ができました」を紹介しました。

「天然素材でできた無添加住宅独自のしっくい壁。ウイルスが付着しても5分後には検出できないほどの効果を確認。しっくい壁の安心空間。」ぜひ、一度ご体感ください。
野々市にある無添加中林モデルハウスをご覧いただけます。詳しくは、イベントページよりご確認ください。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。

むてんと一緒の撮影会

2020年7月21日|カテゴリー「企画開発部
初の試み、無添加住宅での撮影会をしました。
モデルハウスの写真は、建物の、内観のきれいな写真が多いかと思います。
写真では、ご家族がどう過ごすかという、イメージがしにくかったりもしますよね。
T様ご家族にご協力いただき、撮影会を行いました。

お子様の写真は、沢山あるかと思いますが、ご家族で自然な写真はなかなかないものですよね。
T様ご家族にご協力いただき、ゆっくり自由に過ごす自然な様子を撮影させていただきました。

今回は、無添加大桑モデルハウスでの「むてんと一緒の撮影会」を紹介します。
ご家族3人、無添加住宅でゆっくりと過ごしてもらいました。

この春は、新型コロナウイルス感染の心配もあり、なかなか外出できずに家で過ごすことが多かったそうです。無添加住宅は、天井も壁もしっくいの塗り壁で、ウイルスに強いということもあり、撮影会に快く参加してくれました。

無添加住宅は、漆喰壁に無垢床という、本物の天然・自然の材料をふんだんに使った家づくりをしています。雑誌やホームページの施工事例などの写真を一見すると、白い壁と天井で、クロスの家と変わらないように見えてしまうことがあります。
でも、実際に来て見ていただくと、漆喰の風合いと、職人さんの手仕事が見えます。そして唯一無二の家だと分かるかと思います。
空気が澄んでいて、まるで自然の中にいるような感覚になります。

1歳の男児が、ままごとキッチンで楽しく遊ぶ

ご家族がゆっくりのんびり、お子さまと遊んでいる光景を撮影させていただきました。
絵本を読んだり、走ったり、おままごとキッチンで遊んだり。喜んで遊んでいました。

実はT様ご家族は、無添加住宅のオーナー。
ご夫婦と1歳のO君と3人家族。

そしてO君は、生まれた時から無添加住宅にお住まいです。無添加オリジナル漆喰と無垢のおかげか、一度も風邪もひいたことがないとの事です。
無添加住宅は身体に悪いものは使っていない家ですから、安心して、すくすくとのびのびと過ごせます。撮影中も、元気に遊んでいました。

御影石の天板に、ホーローのシンク、木製のキャビネットで構成されたキッチンは、家族団らんに一役買います。

いかがでしたか。
今回は、「むてんと一緒の撮影会」をご紹介しました。
O君は、大好きなアンパンマンのぬいぐるみを嬉しそうに見せてくれたり、お歌を披露してくれたりと終始ご機嫌でした。
これからの成長が楽しみです。また、大きくなった姿も見せてくださいね。
なお、撮影してほしいといった、ご家族がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。

雨が似合う梅雨のお客様

2020年7月3日|カテゴリー「企画開発部
梅雨に入り湿気でムシムシ、ジメジメするの本当に嫌ですよね。
最近は、夜のうちにザーッと雨が降ってくれるおかげで、日中涼しく過ごせています。ですが、大雨警報が出る豪雨になる日もあるので、気を付けたいものです。

さて、野々市市中林にある無添加のモデルハウスには、梅雨ならではのお客様が来ています。子どもには、かわいいと人気があるようです。

今回は、無添加中林モデルハウスに来ている「雨が似合う梅雨のお客様」を紹介します。

無添加中林モデルハウスのシンボルツリー、ベニバナトキワマンサク

ベニ無添加中林モデルハウスのシンボルツリーのバナトキワマンサクにカエルがとまっている光景

無添加中林モデルハウスのシンボルツリー「ベニバナトキワマンサク」。

紅花のベニバナトキワマンサクは、美しい花が咲くことや、害虫が付きにくく、管理のしやすさなどから人気の樹木です。常緑樹で、花は初夏の初めに咲き、葉は長楕円形で、葉色は緑葉のほかに赤褐色葉もあります。

 

この地に根づいてすくすく育っています。春には、蜂や蝶、蜘蛛がやってきました。

植物があると、生き物はつきものです。虫が苦手な方には、嫌な季節かもしれませんね。

 

梅雨に入り、やってきたのは「雨蛙」。

カエルのなる木のように、枝に蛙が並んで留まっています。なんとも言えない、変な光景です。

もともと田んぼだった場所を区画整理し、住宅地として整理しました。そこに次々と家を建てたのですから、カエルがいてもおかしくありません。逆にこちらがカエルの住処にお邪魔したカタチですね。

落ち着いた空間で、もてなしの庭を眺め、ゆっくりとした時間を過ごす

いかがでしたか。

今回は、「雨が似合う梅雨のお客様」をご紹介しました。
自然が少しあるだけで、自然界の生き物たちは順応です。
苦手な方も多いかと思いますが、生き物たちを毛嫌いせずに共存して、楽しみながら季節を感じましょう。

ジメジメする季節も漆喰壁の効能で、さらっと過ごせる無添加中林モデルハウスへぜひお越しください。

知っておきたい、無垢材のこと

2020年6月23日|カテゴリー「企画開発部
最近は「自然素材の家を建てたい」と考えている方が多いですね。

なぜ自然素材の家がいいのでしょうか?
検討している自然素材の家は、本当の自然素材の家でしょうか?そういう雰囲気に見える家が好きなのか、素材の持つ質感や風合いが好きなのか、今一度、考えてみてください。
その違いで、選ぶ材が大きく違ってくるかと思います。

何をもって「自然素材」というのか。
フローリング一つを取ってみても、無垢材と無垢材風のものがあります。(ムク材にウレタン塗装をしているものは、無添加住宅では無垢材風となります。)

その違いをしっかり知っておかないと、住んだ後に「こんなはずじゃなかった」「こうなると思ってなかった」なんてことにならないためにも、無垢材と無垢材風の違いを知っておきましょう。

今回は、住んでからも快適に過ごせるように「知っておきたい、無垢材のこと」を紹介します。

無垢材のこと

まず、フローリング材のことを知りましょう。
一番、触れる部分であり、傷む部分であり、部屋の印象を左右するところでもあります。

フローリング材を選ぶ際、比較検討するのは、「無垢材」と「集成材」です。
家づくりに関心ある人は、聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでいう「集成材」とは、薄くした木板を、接着剤で張り合わせた、反りや縮みのない狂いが少ない加工された木材のこと。

 一方「無垢材」とは、丸太から切り出した木材のこと。(下記写真参照。)
無垢材は天然素材のため、乾燥などにより割れやひびなども入りやすいですが、経年変化を楽しめたり、肌触り足触りが良かったり、集成材にはない風合いや温かみがあります。
子どもの素足にも優しく安心安全な、無塗装無垢のフローリング

木の家、自然素材の家を建てたいのだから、「ムク材」を選ぶに決まっているじゃない!と思われた方。

ここからが重要です。
お客様で「これは無垢ですか?」と聞いて来られる方がおられますが、表面仕上げのことまで聞いて来られる方はいないかもしれません。(今までにいたかもしれませんが、いても稀です。)
ということは、仕上げの違いを知らないわけです。

一般的には、上記にある通り「無垢材」は、丸太から切り出した木材のこと。
その表面加工のことは、特に語られることはありません。ですが、同じムク材にも違いがあることを知ってほしいのです。

無垢材は、床鳴りもしますし、湿気や乾燥などによる反りなどが起こりますが、欠陥ではないありません。

【無塗装およびオイル塗装】

無垢素材にウレタン塗装を施すとお手入れ簡単ですが、素材そのままの無塗装の無垢とは肌触りが全く違います。

【ウレタン塗装】

無垢材でも、塗装されているものとそうでないものがあるのをご存知ですか?
無塗装のものは、空気中の水分を吸収したり排出したりして、呼吸をしています。これによって、板材と板材の間に隙間ができたり、割れてしまったりということが起きます。

一方で、フローリングの表面に仕上げとして塗装することもあります。色を付けることで、お部屋の雰囲気をガラリと変えることができ、オーダーメイドの仕上がりとなります。

そこで注目してほしいのは、フローリングの塗装仕上げには、2種類あるということです。
主な塗料の種類は、オイルとウレタン。
それぞれ性質が異なり、メリット・デメリットがあります。見た目、質感、使用時、使用後のメンテナンスの方法が違います。

油性の塗料で、木に油分を浸透させる仕上げ方法です。無添加住宅ではオイル塗装仕上げとしています。
木を保護し、見た目を美しく保ちます。木の表面に塗膜をつくらないので、木が呼吸するのを妨げることがありません。
木そのものの肌触りや、質感を楽しむことができます。
ただ、モノを落としたり、家具を引きずったりすることにより、キズや凹みが付くことがあります。また、コーヒーや水をこぼすとシミが付く場合はあります。これは、ウレタン塗装よりもお手入れに手がかかるところです。
木そのものですから劣化することなく、経年変化を楽しむことができます。日焼けによる色の変化や、普段の生活で歩いたり、掃除したりすることによる摩耗で自然なツヤが生まれます。

時が経つほどに味わいが増す、経年美が楽しめる無垢のフローリング

ウレタン系の樹脂を主成分とした塗料を塗って仕上げる方法です。
木の表面に塗膜を形成するため、木にはほとんど浸み込みません。ツヤがあるものが主流です。塗膜により表面を保護するため、日焼けや摩耗の影響が少なく、きれいな状態を長期間保つことができます。
ただし、塗膜は数十年単位で劣化するので、メンテナンスとしてワックスがけが必要となります。



同じ無垢材でも、塗装仕上げによって風合いが全然変わりますし、メンテナンス方法も違ってきます。
木の質感や、日焼けなどによる色の変化を楽しみたい方。多少のキズや凹みを気にされない方。木の性質(反りや縮み、割れ)を理解できる方。神経質でない方。必要に応じてお手入れ、メンテナンスができる方。
質感・素材よりも、自然素材、木の家っぽい雰囲気が好きな方。日焼けなどによる、色の変化が気になる方。傷や凹みが気になる方。食べ物、飲み物のシミが気になる方。手間をかけることなくキレイを長続きさせたい方。お手入れ、メンテナンスが面倒な方。


例えば、
「無塗装(オイル塗装)のムク」のつもりで契約したのに、できてみたら「ウレタン塗装仕上げの無垢」だった。
傷つくし、凹むし、水シミで汚くなるし、こんなのになるんだったら「無塗装(オイル塗装)の無垢」にしなければよかった。

なんてことがないように、無垢材の特徴を知っておきたいものです。表面の塗装仕上げは違っても、ムクは無垢ですから、特にこだわられたい方は、しっかり確認が必要です。

素材そのものの無垢の床が気持ちよいリビングの無添加住宅施工事例

いかがでしたか。
今回は、「知っておきたい、無垢材のこと」をご紹介しました。

その違いをしっかり知っておかないと、住んだ後に「こんなはずじゃなかった」「こうなると思ってなかった」なんてことにならないためにも、無垢材と無垢材風の違いを知っておきましょう。
自分が求めているのは、質感や素材そのものなのか、そういった雰囲気なのか、理想と現実をすり合わせて新築マイホーム計画を進めていきましょう。

home-scroll-to-top