スタッフブログ

無添加住宅だから、すくすく育つ!

2017年7月23日|カテゴリー「企画開発部
無添加住宅_すくすく育つ_観葉植物
紹介します。無添加住宅高尾台モデルハウスが完成した時からいる、観葉植物の「グリくん」(←勝手に付けました笑)。
週末しかお水を与えてもらってないのに、キレイな新芽がいくつも出てきて、会うたびにとても嬉しなります。来場されたお客様に「興味ないよなー」と思いつつも、ついついグリくんの話をしてしまいます。
無添加住宅_すくすく育つ_観葉植物2
グリくんが元気に育っている理由。きっと、無添加住宅の漆喰。いや、絶対!無添加住宅の漆喰の効果です!!すごいと思いませんか? 1週間も窓を閉め切った中で(24時間換気はついていますが。)水も与えられず、植物が元気に育っているなんて、普通はあり得ないです。
無添加住宅の漆喰は、空気を清浄する性能を持っています。空気をきれいにしてくれているから、植物もよく育つということですね。無添加住宅の漆喰には、ほかにも結露しにくい調湿性能、火に強い耐火性能、カビ・ダニに強い抗菌性能、汚れが付きにくい防汚性能、化学物質を吸着分解する吸着性能、高い安全性能、独特の風合いと質感を持つ意匠性能、お手入れが簡単なメンテナンス性能、耐久性に優れた素材です。
部屋の隅っこですくすく育つ
グリくんは主役ではないので、普段は部屋の隅っこでソファーに隠れていますが、高尾台モデルハウスに来た際は、ぜひグリくんを見てみてください。とっても、生き生き、すくすく育っていますから。

無添加住宅の接着剤『米のり』

2017年7月16日|カテゴリー「企画開発部

無添加住宅高尾台モデルハウスに待機しております。

お隣も無添加住宅、2棟並ぶと素敵です!街中無添加住宅になったらもっと素敵ですね!!


201707_無添加住宅_金沢市_高尾台もデル_アプローチ

今日は『米のり』についてお客様から質問されました。


8d3e756a1c2db5ce9b7f0640810b5342_s

米のりは、日本では奈良時代の頃から建具や家具の接着剤として「続飯(そくい)」と呼ばれて使われだしたそうです。


201707_無添加住宅_金沢市_高尾台モデル_米のり

米のりは、米が熱によってα化(高分子化)することで「のり」になるのですが、α化したものは耐久性があり、300年以上もつと言われています。

また、木と米の化学式(C6H10O5)は同じなので、伸縮率も同じです。木が伸縮したりする時に米のりも同じく伸び縮みするので、接着面で割れたり剥がれたりしにくいんです。

構造材に使う集成材の接着剤ほどの強度はありませんが、化学物質ゼロなので、強度を求めない建具などに使用することで、屋内の空気環境が良くなるなら、こんないいことはありませんよね!


漆喰壁の補修

2017年7月9日|カテゴリー「企画開発部

大桑モデルの2階のトイレ、先日窓の閉め忘れで内壁が汚れてしまいました。
窓枠に使った雲杉が雨でぬれてしまい、あくが垂れてしまったんです。

でも大丈夫!こんなシミの後も漆喰なら簡単に補修できます。
201707_無添加住宅_金沢市_大桑モデル_漆喰補修_ビフォー
201707_無添加住宅_金沢市_大桑モデル_シミの跡

シミの拡大写真です。見事に垂れてしまいました。
漆喰が白いので特に目立ちます。

窓枠が建材物の場合は、あくが出ることはありませんが、建材の場合は濡れると表面に張った塩ビシートがめくれあがって、もっとひどいことになってしまいます。
結露による水滴の垂れも同じです。無用に濡らさないことが大切です。窓の閉め忘れにはご注意ください。
201707_無添加住宅_金沢市_大桑モデル_漆喰補修_アフター

カッターで表面を削ってまるで何事もなかったかのようにしあがりました。

簡単とは言いましたが、実際は気温30℃もある梅雨の晴れ間、湿度も高く汗だくの作業でした。

そもそも本来必要ない補修作業で、ちゃんと戸締りをするよう徹底しなければいけません。

モデルにお越しの際は、補修後を見てください。
201707_無添加住宅_金沢市_大桑モデル_除草部隊

トイレの補修後、残念ながらお客様の来場はありませんでした。

蒸し暑い中テントで待機していると、工事部と会長がおそろいの麦わら帽子をかぶってやってきました。

新社屋建設予定地をはじめ、倉庫周りの除草をしてくれました。暑い中お疲れ様です。
home-scroll-to-top