11/16(土)・11/17(日)は無添加分譲モデルハウスへ|金沢市大桑

【イベント終了】

たくさんのご来場ありがとうございました!

▷▷最新イベント情報はこちら◁◁

11/16(土)・11/17(日)は、金沢市大桑にある「無添加住宅」をご覧いただけます。
無添加住宅は、室内の壁と天井に無添加しっくいを塗って仕上げます。職人さんの手仕事による、左官仕上げです。

※平日に内覧をご希望の方は、お問い合わせください。
【フリーコール:0800-222-1221】
飛鳥住宅_自然無垢無添加素材健康木造住宅の家づくり_無添加住宅_金沢市大桑_オリジナルキッチン

無添加住宅は、室内の壁と天井がまっ白のしっくい(漆喰)と、床は無垢材で仕上げられているのが特徴です。しっくい(漆喰)は、お味噌やお酒などの発酵食品を美味しく育む「蔵」に使用されています。漆喰に囲まれた蔵では、麹菌などの良い菌は生きていられますが、インフルエンザウィルスなどの悪い菌は生きていけないのです。

むかしの生活は、今ほど衛生的ではなかったため、健康を保ちながら暮らすのは、とても大変なことでした。人々は暮らし方を工夫する中で、「漆喰壁の家に住む人は、病気になりにくいようだ」と漆喰の良さを知り、生活に役立てたのです。
また、漆喰には防火と耐久性に優れており、お城や食物を貯蔵する蔵に用いられていました。長い時間をかけて人々の信頼を得てきた、安心安全な建材です。
本物のパン_食べられないむてん

無添加住宅で使用されるしっくいは、インフルエンザのウイルスを減少させる働きがあります。
鳥インフルエンザが発生した際、鶏舎に消毒剤が撒かれていたのをニュースなどでご覧になったことはありませんか?あの消毒剤、実は石灰なのです。石灰は、漆喰と同じ成分です。

「無添加しっくい」に、インフルエンザのウイルスを付着させる実験をしました。たった2分経過で、インフルエンザウィルスは99.9%減退する結果となりました。インフルエンザの感染力を、急激に低減させたのです。(NPO法人 バイオメディカルサイエンス研究会の実験)

「無添加しっくい」は現在、病院や保健施設などでも幅広く用いられています。実際に、当社でも、動物病院や、処方せん薬局などで、ご提案させていただき、大変喜ばれております。


無添加大桑モデルハウスは山側環状線大桑ICからすぐ、「まなぶクリニック」さんの西隣にあります。
能登方面、加賀方面どちらからのアクセスも良いので、ぜひお近くにお越しの際にお立ち寄りください。

オープンは13:00~17:00となっております。
皆様のお越しをお待ちしております。


●詳細&お問合せ▼
フリーコール 0800-222-1221
TEL      076-222-1122
(受付可能時間)9:00~17:00
お気軽にお問い合わせください。