土地を探そう

一戸建て住宅を建てると決めたら、その家を建てる土地が不可欠です。
住み慣れた土地がいいのか、それとも通勤・通学、利便性を求めた立地がいいのか。ご家族に合った家を建てるために、どんな暮らしをしたいか、どんな家を建てるかを考えておくことが大切です。

土地を探し始める前に・・・
● 家を建てたいけど、まずどうすればいいのかが分からない
● 土地をどうやって探したらいいのかが分からない
● 土地にかかる金額はなるべく抑えて、家の方にお金をかけたい

飛鳥住宅では、お客様の疑問や不安ごとに寄り添い、ご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

土地探しの進め方。

土地を探す前にどんな暮らし方をしたいか、どんな家を建てるかを考えておくことが大切です。
土地探しから始める家づくりには順番があり、まず建物と土地にかける費用のバランスを決め、土地探しに必要な知識を事前に確かめておきましょう。
土地探しだけを先行すると、せっかく探した土地なのに、希望する建物ができないことが後になって分かったり、土地に合わせてプランを変更したら追加予算が発生したりなど、思わぬ失敗の原因になる可能性があります。

土地探しから始める家づくりには順番があります。
まず建物と土地にかける費用のバランスを決め、土地探しに必要な知識を事前に確かめておきましょう。

土地探しから始める家づくりの流れ

土地探しから始める家づくりの流れを知りましょう。

通勤通学時間やそのエリアの特性を調べて、希望エリアの候補を絞り込みましょう。
建物と土地にかける予算のバランスを考えて、購入条件を決めましょう。
また、良い条件の土地が出てきた場合などには、その土地の相場がどれくらいなのかを知っておけば、決断がしやすくなります。
予算よりも住みたい土地の相場が高ければ、土地を探しても予算内でみつけることはできません。
まずは相場を調べてみることから始めましょう。
駅からの様子、周辺環境や施設をチェックしながら実際に現地を見てみましょう
そしてイメージしてみましょう。
家は完成すれば、長年住み続けることになります。学校や職場までの距離、周りの環境など、実際暮らし始めた時の生活を思い浮かべながら、ご自身の目で直接お確かめいただくことをオススメしています。
候補地が絞り込めたら、実際にどんな家になるかプランをつくってチェックしましょう
③と④を繰り返して、納得いく土地を探そう

土地探しと建物の計画は並行して進めよう

土地は南東や角地が良いとされていますが、それ以外の土地でも立地や道路位置に応じてプランを工夫すれば、満足できる家づくりができます。立地条件、道路位置にはそれぞれメリット・デメリットがあり、それらを踏まえたうえで土地を見ることが大切です。

ある程度、条件に合う土地を探したら、その土地の特性を生かすプランを実際につくって検討してみましょう。
日当たりがよく、人気の高い土地の南側道路です。
【南道路に面した土地】
日当たりがよく、人気の高い土地、道路側の視線対策がポイントとなります。
道路側からの視線が気になるので、外構や植栽を工夫して視線を遮るプランニングがポイントになります。
隣地の視線はあまり気にならない道路位置です。

南側を広くすれば光や風が居室にたくさん入る、北道路の土地です。
【北道路に面した土地】
南側にLDKや居室が並ぶプランニングができます。
南側を広くすれば光や風が居室にたくさん入ります。
南側にLDKや居室が並ぶプランニングができ、光と風が通る、東(西)道路の土地です。
【東(西)道路】
南側にLDKや居室が並ぶプランニングができます。
南側を広くすれば光や風が居室にたくさん入ります。
隣地の視線が気になる場合は、外構や植栽を工夫しましょう。
路地をオシャレなエントランスアプローチにでき、道路からの視線や騒音が気にならない旗竿地です。
【路地のある土地|旗竿敷地】
路地をオシャレなエントランスアプローチにしたり、カーポートに利用したりといったプランニングができます。
路地をうまく使えばステキなプランになります。
道路からの視線や騒音が気にならない土地です。

見に行った土地のチェックポイント

土地探しをする際は、周辺に、どんな施設があるエリアかを確認しましょう。

□通勤・通学時間はどれくらいか
(駅から徒歩〇〇分 バスで〇〇分)
□買い物に便利か
□学校まで近いか
□近くにどんな病院があるか
□その他にどんな施設があるエリアか
気になる土地を見つけたら、確認するべき項目がいくつかあります。

□広さ 間口  m×奥行  m
□敷地面積 ㎡(  坪)
□既存建物  □有  〇〇構造 ○階建て
□樹木    □有  ○本
□前面道路  m道路(東・西・南・北)

法令による制限
□建ぺい率  %
□容積率  %
□道路後退(セットバック)  □有 □無
※これ以外にも制限を受ける場合があります。
詳しくは担当者に相談しましょう。
土地を選ぶ際は、周辺環境を確認しましょう。

現地の環境について

□日当たりは良いか
□道路からの眺めの良い・悪い
□電柱の位置などは気にならないか
□交通量は多いか・少ないか(安全か)
□音は気にならないか
□風向き(卓越風)はチェックしたか
□ゴミ集積場所の位置
□時間帯別(朝・昼・夜)を確認したか
□天気状況別(晴・くもり・雨)を確認したか
はじめて土地を探すとなると、わからないことや不安なことなど色々と出てきます。
そんな時は、どんな些細なことでも相談できる専門業者がいれば安心です。

飛鳥住宅では、私たちの理念に共感してもらえ、信頼できる不動産業者をご紹介しています。
飛鳥住宅の土地情報サービスはこちらをご確認ください。

後悔しないための土地探しを、お手伝いします。