素材のはなし

無添加住宅の天然素材

e9e2bf01a080352bae92b4a5acc7413b

こんな家でいいのでしょうか?

住まいの建材等が出す揮発性化学物質を空気といっしょに吸い込んでしまい、
それに身体が拒絶反応を起こすことで起きるシックハウス症候群

目がチカチカする、頭が痛い、体がだるい、吐き気がする……。
『今まで平気だったから大丈夫』と安心はできないのです。

突然、症状が出ることもあります。
それはなぜかというと、誰でもある程度までなら許容できる範囲を持っているからです。
しかし、その許容範囲を超えると症状が出てくるのです。そして、この許容範囲には個人差があります。
同じ家に住んでいても症状が出る人と出ない人がいるのです。
今は平気でも、じわじわと確実に体に蓄積され、様々な症状を発症します。
そして、その症状が進んでひどくなると、非常に恐ろしい化学物質過敏症へと進んでしまうこともあります。
pixta_5932588_M_02_03
現在、国民の3人に1人はアレルギー性疾患を持つといわれ年々増加傾向にあります。
アレルギーによって引き起こされる疾患は多種多様で、住環境が原因と思われるものは、ぜん息やアトピー性皮膚炎などがあります。

なかでも小児ぜんそくの子供の数は増加しており、そのほとんどの子供がダニに対するアレルギーを持っています。
ぜんそく発作の主な原因は、室内のダニの糞や死骸、ペットの毛やフケ、カビなどによるアレルギー反応です。

症状が重い場合は、呼吸不全をきたし、命の危険にかかわることもあるのです。
近年、高気密、高断熱の住まいが主流となり、クーラーなどで、冬でも夏でも快適な室温を保っていますが、ビニールクロスや合板で囲まれた室内は、湿度を調整できず結露が発生し、ダニやカビの温床となっているのが現状です。

だから無添加にこだわりました。

201310_te02_03
身体に良くないものは使わない。
こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。

コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅づくりが「シックハウス」を生み出したと言えるでしょう。

シックハウス症候群の原因のほとんどが、接着剤に含まれる化学物質だとわかってきました。そこで私たちは、化学接着剤をいっさい使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。
そして、ついに身体に良い無添加の家を完成させました。

建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加の家を完成させました。身体に良くない化学物質を使わずに、自然で健康な家づくりを進める『無添加住宅』の誕生です。

たとえば、化学接着剤に変わるものとして、米でつくる「米のり」、動物の骨や皮でつくる「にかわ」などを使っています。
長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど実用化することができたのです。

また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、
安価な「漆喰」塗り工法を開発するなど、身体に良くないものは使わず、無添加の素材と工法で、住まいづくりを進めています。

無添加住宅の素材について

無添加住宅の素材、特性が一目瞭然。ご家族が健康に暮らせる家になるように、素材こだわり抜いてつくっていることを表現しました。 石川県金沢市にある住宅会社 飛鳥住宅。弊社では「身体に悪いものは使わない」無添加住宅を手がけております。
炭化コルク
炭化コルクはポルトガルで生産されています。ワインのコルク栓を作成した残りを炭にしたものです。
炭化する時に材木の樹脂が出てきて大きな固まりとなり、それをスライスしたものが炭化コルクなのです。
漆喰
非常に耐火性、耐久性に優れた素材です。表面にヒビが入ったりしても補修も簡単なんです。また、湿気の高低差の激しい日本には、まさにうってつけの建材でしょう。
吸放湿性能があり、カビやダニの発生、アレルギーのない健康的な住環境をつくります。
天然石
アンドーラという国の屋根が天然石で葺かれているのを参考に、日本で石を葺き、石を引っかける独自の工法を考えだしました。
生産するのに二酸化炭素を排出せず、再利用ができ、残材は土の中へ戻せるエコロジーな素材です。
柿渋_無添加住宅_防蟻剤としても使用
無添加住宅では、柿渋を建具に独特の光沢をだす塗料として、土台には防腐・防蟻のために、柿渋にホウ酸を混ぜて使用しています。
ウッドデッキ塗布用には、ナチュラルな色彩と耐候性を高めるために、ベンガラをまぜました。
米のり_無添加住宅_接着剤_化学物質を発生させない安心安全な接着剤
米のりは、米が熱によってα化(高分子化)することで「のり」になるのですが、α化したものはたいへん耐久性があり、300年以上もつと言われています。
米のりの接着力は強く、当社の実験でも木工用ボンドとほぼ同じ強度でした。
無垢材
「無添加住宅」はムク材しか使いません。ムク材に触れてみるとまず、その優しさが伝わってきます。夏はひんやりと涼しく、冬はじわっと温かいのです。調湿性能も持っています。室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿気が多い時には水分を吸い込みます。
一覧はこちら

home-scroll-to-top