炭化コルク

ポルトガルの太陽と雨がくれた素敵な贈り物・・・コルク

e10b24d3018e76d36da497e9721062da_s
炭化コルクはポルトガルで生産されています。
ワインのコルク栓を作成した残りを炭にしたものです。
炭化する時に材木の樹脂が出てきて大きな固まりとなり、それをスライスしたものが炭化コルクなのです。
いわば炭ですから、空気の浄化・調湿などプラス効果も絶大です。

昔、ヨーロッパの潜水艦の断熱材にも使われていたそうです。
木を伐採せず、ポルトガルの太陽と雨が育ててくれるコルク。
炭化コルク
コルク樫はポルトガル、スペイン、南フランス、北アフリカの地中海沿岸地域に群生しています。
木の寿命は150~200年ですがこれを伐採せず、羊の毛を刈るように丹念に樹皮だけを剥ぎ取ります。

コルク樫は再生力が強く9年の歳月を経てまた樹皮を再生します

自然が育んだ大切な天然素材コルク。
いつまでもその資源を大切に、緑豊かであることを願い利用されています。
また、このエコロジー素材コルクは多くの優れた特質を持っています。

素材内部に非常に多くの気泡を持ったコルクは
断熱性・調湿性・遮音性に優れ、その他、軽量でもあり、
スベリンという成分を多く含むため、ダニやカビの繁殖を抑える防虫効果も持っています。

そして、意外に思われる方も多いかもしれませんが防水性はもちろんのこと、高い防火性をも兼ね備えています

スペースシャトルのノズル部分にも使われているそうです。