柿渋

自然界のパワーを活かして・・・柿渋

柿渋
柿渋には多くの優れた特質を持っています。
民間薬としても多くの効能があります。

これは渋さの元であるタンニンが大きな役割を果たしています。
火傷・しもやけ・血圧降下・二日酔い防止・蛇、百足、蜂の解毒剤、等に使われてきました。
塗料としての役割も担ってきました。
防水効果もあるため、番傘の上薬として。
その他にも団扇や釣り糸にも使われているそうです。

また、塗料としての柿渋は、防腐・防虫・防カビの役割だけではありません。
渋柿を塗ったところに太陽の光をあてると、徐々に深い味わいの色味に変化していきます。
性能面もさることながらその風合いはペンキでは現せません。

時間が経つほどにその価値を感じていただけることと思います。
柿渋
無添加住宅では、柿渋を建具に独特の光沢をだす塗料として、
土台には防腐・防蟻のために、柿渋にホウ酸を混ぜて使用しています。
ウッドデッキ塗布用には、ナチュラルな色彩と耐候性を高めるために、ベンガラをまぜました。

自然素材の「効能」の中で、あなたも暮らしてみませんか?