米のり・集成材

先人たちの知恵を受け継ぐ・・・天然の接着剤

米のり_無添加住宅_木と木を接着させる_水にも強い
米のりは日本では奈良時代のころから建具や家具の接着剤として
「続飯(そくい)」と呼ばれて使われだしたようです。
当時はきっと高価な物だったんでしょうね。

昔の大工さんは、朝一番、飯を木板の上で竹ベラでこねるのが仕事だったそうです。
実際に米のりの接着力は強く、当社の実験でも木工用ボンドとほぼ同じ強度でした。

米のりは、米が熱によってα化(高分子化)することで「のり」になるのですが、α化したものはたいへん耐久性があり、300年以上もつと言われています。

また、木と米の化学式(C6 H10 O5)は同じなので、伸縮率も同じです。
木が伸縮したりする時に、のりも同じく伸び縮みするので、接着面で割れたり剥がれたりしにくいんです。
だから日本の気候に合っているんですよ。