柿渋

現在の住宅の防腐・防虫・防カビ剤が健康に及ぼす影響は、かなり大きいと思われます。
なぜなら、虫が嫌うもの、カビが嫌うもの、それを化学物質で製造しているからです。

虫が死ぬ化学物質が、人体に良いはずがありません。畳の下に防虫シート、抗菌シート、そして抗菌フロア。
家の中には企業が商品化した化学素材があふれかえっています。果たして自然素材で防腐・防蟻ができないでしょうか。

自然のパワーを活かして

自然界には、植物自身が虫、取り、菌などから身を守るための「技」を持ったものが数多く存在します。
たとえば、楠(くすのき)いわゆる樟脳(しょうのう)、馬酔木(あせび)などは、昔から殺虫剤として利用されていました。

そして、渋柿(しぶがき)からつくる柿渋は、昔、鳥居の防蟻、投網の防腐に広く使用されていました。
その他の多くの野生植物には、さまざまな効能があります。

塗料には柿渋を使用。
その風合いはペンキでは表せません。
時が経つほど、その価値を感じていただけることでしょう。


柿渋_土台塗_無添加住宅

柿渋は、未熟な渋柿から製造しています。

渋柿は柿の木に登り、枝から落として手作業で柿だけをむしりとります。熱で殺菌することで、柿渋の色が褐色、赤褐色になります。
その柿渋を防腐・防カビとして、建具に独特の光沢を出す塗料として、土台には防腐・防蟻のために、柿渋にホウ酸を混ぜて使用しています。

また、塗料としての柿渋は、防腐・防虫・防カビの役割だけではありません。柿渋を塗ったところに太陽の光をあてると、徐々に深い味わいの色味に変化していきます。性能面もさることながら、その風合いはペンキでは現せません。天然素材なので安全な上に、時間が経つほどにその価値を感じていただけることと思います。
柿渋_柿の木_無添加住宅

柿渋_柿_無添加住宅

柿渋には多くの優れた特質を持っています。民間薬としても多くの効能があります。

これは渋さの元であるタンニンが大きな役割を果たしています。
火傷・しもやけ・血圧降下・二日酔い防止・蛇、百足、蜂の解毒剤、等に使われてきました。

塗料としての役割を担ってきました。防水効果もあるため、番傘の釉(上薬)として。
その他にも団扇や釣り糸にも使われているそうです。

柿渋_イラスト_無添加住宅_秋田健司