無添加住宅の室内空気環境

家族の健康を守る。

無添加住宅は体に良くないものは使わない。まさに「安全武装の家」。
昨今、日本は高気密高断熱住宅の推進により、住宅の気密性が高まりました。そこで、今まで以上に室内の空気環境を大切に考えています。
もし、目の前に無農薬野菜とそうでない野菜が並んでいたら、私たちは体のことを考えて、無農薬野菜を選ぶことができます。しかし、身体に吸い込む空気は自分で選んで吸い分けることはできません。人が1日に吸う空気の量は、約1.4万ℓ。重さにするとおよそ20㎏になると言われています。これだけの空気の量を人は吸うのですから、建材が身体に与える影響は大きいことが分かります。
無添加住宅では、合成接着剤や化学建材などの身体に悪い化学物質を使わずに家を建てています。また、壁材に使用するオリジナル漆喰は、シックハウス症候群の原因と言われる揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)を吸着し、分解します。それらにより、これまでに入居されたたくさんのシックハウス症候群やアレルギー、喘息などのお客様から「症状が改善した」と喜びの声が届いています。しかし、実際に空気は見えないため、そうした声に疑念を抱く方がいるかもしれません。
そこで、無添加住宅と一般住宅の室内の空気環境を測定。その結果、無添加住宅の室内空気は85%が木材由来の成分で、有害な化学物質がほとんどないことが愛媛大学の空気測定によって明らかになりました。一方で、一般住宅からは木材由来以外のさまざまな化学物質が検出されました。
無添加住宅_オリジナル漆喰_漆喰化学物質吸着試験

無添加住宅_空気がきれい_室内空気測定の比較

無添加住宅_空気がきれい_漆喰は微細な多孔質の素材
無添加住宅の内壁や天井に使用しているオリジナル漆喰は、床材や建具の無垢材と合わせ、優れた調湿性能を発揮します。室内の湿度が適度に調節されるので結露を抑制し、心地よい空間が保たれます。
こうした室内環境は、石油を原料とした新建材(化学建材)や、調湿性能が高すぎる珪藻土だけを使った家では実現できません。

実際に「無添加住宅の空間」と、「新建材の空間」を作り、パンを入れて比較しました。すると新建材の空間は1週間足らずでパンにカビが発生しました。
経過を見ると平均で6%の湿度差が生じ、常に新建材の空間湿度が高い結果となりました。
つまり、「無垢材と漆喰の空間」である無添加住宅は調湿性能に優れ、快適な室内環境を実現すると言えます。
無添加住宅_空気がきれい_無添加住宅と新建材の空間比較実験

無添加住宅_空気がきれい_漆喰とビニールクロスの吸放質量比較