無添加住宅の基礎・構造

基礎

飛鳥住宅が手がける無添加住宅の基礎はベタ基礎を標準としています。
ベタ基礎は鉄筋とコンクリートでつくられる、建物の全荷重を面で地面に伝える工法です。
この基礎に土台柱を敷きますが、基礎内部の換気のために使うパッキン材に御影石を使用します。
無添加オリジナル「石パッキン」が挟み込まれます。
無添加住宅オリジナル石パッキン
完成した基礎に土台を敷きます。
このときに基礎と土台柱の間には、無添加オリジナル「石パッキン」を使用しています。
一般的には、基礎パッキンといって硬質ゴム・樹脂の素材でつくられているものですが、
大切な土台の長期利用には耐久性に限界があります。
無添加住宅は永い間お客様に住み続けていただくために、経年変化の少ない自然石(御影石)を使っています。


構造

木造在来軸組工法にこだわっています。
 1.高温多湿の日本の風土に合った材料でできるため長持ちする。
 2.柱梁構造のため設計の自由度が高く、複雑な形状の土地にも対応可能である。
 3.プレカットと金物により品質の均一化が可能になった。

耐震・制震

地震に強い住宅を創るためには、完全倒壊を防ぎ、揺れを軽減し、構造躯体に粘りと復元力を持たせることが必要です。
安心で快適な暮らしをサポートする耐震住宅をいかにして提供するか。
飛鳥住宅はすべての住まいに耐震技術を備え、「安心」「安全」な住まいの創造を目指しています。

taishin01
制震の新発想
ボウシンは円の復元力でバネがネバる。

全ての制振工法で唯一「復元機能」を備えたボウシン。


飛鳥住宅では全ての制震工法で唯一「復元機能」を備えた耐震制震工法を採用しています。

すでに市場に出回っている製品は、固めるか減衰するいずれかの金物で、「復元」するという機能はありません。

しかし、地震による被害の第一は揺れによるものです。
揺れは家具などを転倒させ、室内を破壊し建物を倒壊させます。
「耐震制震工法」は3枚のステンレス製バネによって地震の揺れに抵抗、減衰をし、
巨大地震で歪んだ建物を「復元」して、地震からのあなたの大切な家族、財産を守ります。

硬いけど実は脆い性質を補完するために、伝統木造建築の特徴である粘りの性能を与え、建物に強い復元力をもたせます。

耐震や制震では地震により歪んでしまった建物を元に戻すことはできません。
そのため地震がおさまった後でも建物の変形がますます大きくなり、繰り返し起こる余震などで倒壊する可能性が増します。

しかし、飛鳥住宅では「復元機能」を併せ持った制振装置を使用することで、震災後にも安心して住める家を提供します。
建物の損傷を大幅に軽減し、被災時の修復費用も少なく済むため、再生活がスムーズにスタートできます。

taishin02

taishin03